伝説の遊騎士

ノベルバユーザー327952

出逢い~臙城~

しかし、楓が顔を向けた先には別の女子生徒が立っていた。
燃えるような赤い髪に、髪よりは薄い色の勝ち気な目をした女の子だ。
かなり長い髪をポニーテールでまとめあげていて活発的な感じのする子である。
(確かこいつ、一番前に座ってた同じチームのやつだ。)
何とか思い出した楓は話しかける。
「確か同じチームだよな。俺は」
「知ってるよ、如月楓くん」
初めて会った相手に名前を呼ばれ楓は反応が遅れてしまう。
「・・・あー、えーとっ、どっかで会った事あったっけ?」
そう聞くと相手の子は首をふった。
「会ったことはないよ。ただ光とあれだけ親しそうに話してたら気になるに決まってるじゃん」
そう言われ少し考えてしまう。この言葉の意味が分からなかったから。
しかしその思考は目の前の子によって中断させられてしまった。
「私は臙城って言うの。この試験の間だけかもしれないけどヨロシクね!楓くん」
そう言って笑いかけてくる。
「あ、あぁヨロシク」
なんとなく気の抜けた返答になってしまった。
「楓!」
丁度、話終わったタイミングで声が掛けられる。


振り替えると光が立っていた。
光の隣には別の女の子が一歩引きぎみで立っている。
「この子も同じチームだよ!奏ちゃんって言うんだって!」
その言葉とほぼ同時に奏は頭を下げ、すぐに光の後ろに隠れた。  

「伝説の遊騎士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く