話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(チート確定?)保持率0パーセントのスキルを引き当てちゃった件について

ノベルバユーザー329844

6話ノーライフキング 3

                  [ルノワール少年]

ここは、東の国、カーム王国または、剣聖が集う国とも呼ばれている。

ここでは、毎年祭りを行なっていてそれは、一種の町おこしとなっているのだ。
その内容はというと、剣での殺し合いや魔獣退治などである。
だがやる相手は、奴隷や傭兵など腕に自信があるものだけである。
つまりは、見世物と言うことだ。




『ほら歩け小僧!』

『ンッンッー!』

(やられた!まさか寝込みを襲われるとは)

そう、私はカーム王国に向かう途中、日が暮れたため、野宿をしていたのだ。
だが場所が悪かったのか、そこは、人攫いが頻繁に起きる危険区域だったのだ。

『ンッンッンッー!』

(は〜せめて口を塞いでいる布さえ取れれば、魔法で脱出できるのに(;_;))

〈ガシャーン〉

私は、拘束具と口を塞がれていた布を全てはずされ鉄格子に囲まれた牢屋のような部屋に入れられた。

【我が身を運べ空間移動】

〈...............〉

『魔法が発動しない、どういうことだ!』
私は、少し動揺した。

『無駄だ!ここは、結界が貼られてるから魔法は、使えないんだよ!』
その声は、部屋の片隅から聴こえた。

『君も人攫いにあったのかい?』 
私は、声がした方に問いを投げかけた。

『俺は、昔からこの部屋にいる者だ。』

『つまりは、昔人攫いにあったの?』

『違う!自らここににいるんだよ。』 
その男は答えると、隙間から漏れ出る月の光によって部屋の片隅を照らした。
そこには、若干14歳に見える少年が映し出されたのだ。

『まだ子供じゃないか!』
私は、ツッコミを入れてみた。

『お前には、言われたくない!俺は、ダークエルフで200歳は、とうに超えてるわ!!!』

何故か親近感が湧くそんな気持ちだった。

『話を戻すけど自らここにいるのは、何か理由があるの?』

『さらなる高みへ行くため』
それは、とても真剣な眼差しで答えた。

『こんな部屋でどんな高みへ行くんだい?』

『ここではない。闘技場でだ!』

『闘技場?!』
私は、少し驚いた表情をしてみた。

『そういえばお前は、まだ聞かされていなかったな。』
ダークエルフの少年は、今私がいる場所についてと、闘技場についてなどこれから起きることについて、ざっくりと教えてもらった。

『...............なるほど、ここは、カーム王国の中心に位置し私は今闘技場のいわば、控え室のような場所にいるということだな。
そして私たちは、見世物として働かさせられるということか!』

『そうだ!』

『どうしたらここから出られるのかな?』
私は、また問いを投げかけた。

『それは、この国が飼っている1000以上の魔獣たちを1日で倒すことが出来たらここから自由になれるぞ。俺は、五時間あれば倒せるが、お前では、一生無理だろうがな。お前の場合だと優勝して願いを一つ叶えてもらう権利をもらったほうが早いかな!』

『わかった。明日には、出れそうだな!』

私は、真顔で呟いた。

『はっはっはー!冗談か⁈面白いな!久々に笑ったよ。
お前名前は、なんて言うんだ?俺は、ルノワールだ!これから長い付き合いになるんだ!覚えといて損は、ないと思うぜ。』

私の名前か、沢山あって忘れてしまったよ。だが、私を唯一愛してくれた人がくれた名前なら覚えている。
それは、、、、

『オズレナトゥスだ!』

『オズか、覚えておくよ。』
 
『明日が楽しみだな』
私は、何千年ぶりに笑みをこぼした。
だがそれも本来の私の顔では、なかったのだ。





「(チート確定?)保持率0パーセントのスキルを引き当てちゃった件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く