話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(チート確定?)保持率0パーセントのスキルを引き当てちゃった件について

ノベルバユーザー329844

4話ノーライフキング 1

場所は、天界に移る。

『クローリー様!大変です!何者かがこの星に侵入したとの報告が!』

と、クローリーの従者が慌てて、伝達してきた。

『え〜!それは上に報告したの?』

『いえ、まだ報告はしておりません。』


『私が対処しとくから、上にはまだ報告しないように!いいね! 』

(また、こんなヘマをしたと言うことが上にバレたら次こそ神格を奪われてしまう〜!)

クローリーは、動揺を表に出さず指示を出した。

『承知しました。』
すると、従者は自分の持ち場へと帰っていった。

『一体どうなってんのかしらね〜』
クローリーは、頭を抱え考えこんでいた。




                   [忘れられし者]

xx年o月o日、人類が誕生した。

xx年o月o日、魔法は、消滅した。 

xx年o月o日、化学が、発達した。

xx年o月o日、火星移住計画が実行された。

xx年o月o日、ガンマ線バーストにより火星移住計画が失敗

xx年o月o日、温暖化により、地球の全ての土地が水没。

xx年o月o日、複数の小惑星が地球に落下。

xx年o月o日、地球は、灰色になった。

xx年o月o日、地球に、新たな生命が誕生した。

それは、人類に近かった。



『...............やはり、歴史は、繰り返されている。』

『これで何周目なのだろう?』

〈ピッ!〉
私は、テレビをつけた。そこには、沈んだ伝説の都市“東京”について報道されていた。
まるで第2周目に報道されていたアトランティスを思い出す。
だが、どれもこれも、皆人間が作った創造物なのだ。

古代のオーパーツ?宇宙人が人類に化学を教えた?

違う!そんなものは、存在しない。
いや、存在していなかったのだ。
全て人類が残した残留物なのである。

だが魔法、幽霊、地獄、天国は、存在する。
神様は、存在しない。 

魔法に関しては、存在しないのではなく皆使い方を忘れてしまっているのだ。

そして私もまた人類に忘れられた者の一人なのだ。









「(チート確定?)保持率0パーセントのスキルを引き当てちゃった件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く