話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

落ちこぼれの異世界転移

アルテミス

第6話 レベルアップ

この世界に来て、え~、一ヶ月位?たってやっと魔物と戦うことになった。
うん、なんだろうとても安心した、うんうんやっぱこれだよね。
プニッという、音がする。
「スライムです、とても弱いですから皆様でも安全に倒せます。そうですね、三匹位倒せばレベルアップ出来ると思います。」
とりあえず皆と離れよう、左手と右手の効果を試したい
ここまで来れば大丈夫か、とりあえず左手から試すか…
左手でスライムに触れてみる……緊張するな~
シュワーと水蒸気のようなものを上げながら消えていく…強くね?え、強くね?バランス崩壊じゃん
          『レベルアップ』Lv1~Lv3
あ~、ん?どゆこと?レベル二つも上がったんだけど…あー、そういえば破壊神の加護で十分の一になって創造神の加護で、百倍だから結局十倍になるのかうん、この二つの加護チートだな、破壊神の方は単独ではきついかもだけど、
創造神で、経験値の方は大丈夫だし、欠点は初期値が悪いくらい…創造神は欠点すらないとか…笑えてくるな。しかも、そこから能力値も破壊神の千倍と、他の神の能力値アップもあるとか…大丈夫か?逆に心配になるぞ。
まあ、とりあえず
「ステータス」

             パラメーター
         
          生命力     12629
                                       
          魔力      10563

             武力       9365

          防御力      9836



              スキル

          神聖眼    Lv2


うん?………あー、はいこれ、やべーわ。スライム一匹倒してこれはやべーわ。
チートじゃん。この世界の平均値知らんけど、晶余裕で越えてんじゃん。
これは…………正直、嬉しいなこの世界では、俺は落ちこぼれじゃない。
それどころか、特別だ。嬉しい。これで………………………………













やっと俺の目的が果たせるかもしれない

「落ちこぼれの異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く