話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

落ちこぼれの異世界転移

アルテミス

第5話 訓練

朝起きて、しばらくすると朝御飯に連れていかれた。
とても豪華で美味しい。王女様や王様の目があるからか、いじめも起きない、なんて平和なんだろう………と、思ってたのに
「美味しいですか?神崎様、この国の名物をたくさん取り揃えたのですが、気に入っていただけましたか?」
「え、えぇ。とても、美味しいですよ………ですが、王女様私のようなものと隣で食事というのは…」
主に男子からの目線が痛いのでやめてください…とは、言えないよな…
「迷惑…でしたか?」
「いえいえ、迷惑なんかじゃ無いですよ。王女様が宜しいのなら、それでも構いません。」
マジで早くどいてくんねーかな…
「…………」
王女様急に黙ってこっちをめっちゃ見てくんだけど!
「アーリア、そろそろ訓練に入るべきでは無いか?」
ナイス王様、俺を助けてくれてありがとう!このご恩は、いつか、必ず!
「そうですね、では勇者様方、今日から戦闘の訓練へと移ってもらいます。訓練はこの国の騎士団長にしてもらいます。あ、魔法の講師は私です。宜しくお願いします。」

そして、今クラスの奴らにボコボコにされてます。
訓練をする、この闘技場では生命力は減らないらしいが、痛みはしっかりとある。そして、ある程度訓練が進んだところで実戦練習になり、今さっきの食事の恨みをぶつけられてる。
「そこまで!!」
やっと終わったか…
「アイツ、弱すぎだろ。ボロボロじゃん」
と、笑われてるが、いつもの事なので気にしない
左手と右手は威力がわからないので使わなかった。どれだけ恨んでても殺したら意味がないからな。
早くレベルアップしないかな

「落ちこぼれの異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く