話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

落ちこぼれの異世界転移

アルテミス

第2話 ステータス

「それでは早速皆様には、この世界で戦うのに一番重要な、ステータスについてご説明します。…そうですね…これは見てもらった方が早いので。皆様、『ステータス』と言って頂けますでしょうか?」

クラスの奴ら全員が、『ステータス』と唱える。

しょうがない俺も見るか。

「ステータス」


              神崎悠真(かんざきゆうま)
           
         種族  人間
           
         称号  異世界人
            
             

             パラメーター
           
            生命力    10
            
            魔力     9

            武力     6

            防御力    7
           
           スキル    威圧
                  神聖眼

           加護     創造神の加護
                  破壊神の加護
                  生命の神の加護
                  魔の神の加護
                  武の神の加護   
                  防の神の加護
                         
……………ん?

強い………………のか?

微妙過ぎてわからん。そもそもここの世界ではパラメーターは、どのくらいが
平均なのだろう?

「すごーい。晶君パラメーターが全部1000を越えてる!!私なんて、せいぜい平均500位だよー。」



は?いやいやちょっと待て。おかしいだろ。1000?四桁?

俺生命力だけが二桁でそれ以外一桁なんだけど…  

「今日はこれだけです。一人一人部屋を用意していますので、お部屋に戻り、ゆっくりしていてください。ステータスは、詳しく見ようとすれば、スキルの効果等も見れるので、確認しておいて下さい。」

くそ…………別にチートに憧れた訳じゃない。

でも、この世界に来ても俺は落ちこぼれなのか…………………………

「落ちこぼれの異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く