話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜

雨猫

Ep1/act.16 ヒーロー

しばらくすると、城から増援がぞろぞろと駆け寄ってきた。
しかし、手を出すこともなく俺とブロードの戦いを、ただ漠然と見入っていた。
エナ・アルフォアでさえも。

「ブロード、最後の切り札がそのナイフだったとはな。ちなみにさっきの魔法見抜いたぜ、みたいなのは大外れだ。悪いけど俺は魔法を使えない」

「そんな…魔法を使えないなんて聞いたこと…じゃあその力は…その身体はなんなんだ!」

流石のブロードも慌てずにはいられないようだ。

「俺も分かんねえ。ただ俺は、大賢者シルド・バンが育てた男だ。それだけ」

「まさか…あの大賢者の…」

「じゃあ実験3行ってみるか」

「・・・!」

さっきまでの余裕なブロードはどこかへ行ってしまったようだ。

俺はゆっくりと目を閉じて、ただ棒立ちにブロードと向かい合った。

「何してるんだ…ナメてるのか!」

ブロードが我を忘れて襲い掛かってくる。

目で追いつけないなら、

「捕まえたぞ」

勘だけで捉えられればそれでいい。

その瞬間、城からの増援から「うおお!」と声が漏れていた。

そのまま、ブロードの身体が壊れない程度、気を失う程度に掴んだ手でそのままのスピードで受け流して地面に叩きつけた。

ブロードは泡を吹いて気絶した。

「流石です!師匠!」

リオンが駆け寄ってきた。

「最後、何故捕まえられたんですか?」

「なんか、最近勘が強くなってる気がしてな。リオンに会った時も、尾行だって気付かないくらい察知してたろ?さっきも残像はいないって肌で分かったんだ。なんだろこれ、野生並みの勘ってやつかな」

リオンは夢中でメモを書いていた。
熱心なことで。

俺は城の連中にブロードを引き渡し、エナに会釈をして帰ることにした。

「それにしてもブロード・テイラーか。もっと違う出会い方ならまた違ったのかな。なんか勝ってもスッキリしねえや」

「あんな罪人の言うことです。真に受けたらダメですよ」

いつにも無くリオンが忠告してきた。

「真には受けねえけど。そういやリオンってなんでS級魔法騎士になったんだ?」

「……笑わないでくださいよ」

小っ恥ずかしそうに俯きながら呟いた。

「子供の頃、とあるライダー番組が好きだったんです。それに憧れて、ヒーローになりたいと思ったのが始まりでした」

俺は、いつも冷静でクールなリオンの口からそんな言葉が聞けると思わず、つい聞き入ってしまった。

「へー。かっけえな」

「いや、そんなことありませんよ」

「じゃあ俺もヒーローになろうかな」

「師匠ならなれますよ」

そう言って、俺はリオンを先に帰して再び城へと向かった。

なんだか、夢が出来た子供のようにはしゃいでいる自分がいた気がした。



「ブロード・テイラー。貴様が今日から住むのはここの檻だ。懲役30年。処刑を免れただけよかったと思うんだな」

ブロードは看守に簡単なお辞儀をして牢屋へと入った。

「それから」

看守は言いそびれたことを思い出したかのように話し始めた。

「シルド・ギルと言う奴から言伝だ。国王に頼んでお前の村へ多額の寄付金を要請したから心配すんな。だとよ。お前が処刑にならなかったのも彼のお陰だ。しっかりと罪を償えよ」

ブロードは少し俯いてニヤッと笑った。

「シルド・ギルくん。君の方が『いい奴』じゃないか。これからきっと、すんごいヒーローになるんだろうね」

「凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く