話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神話の伝説な英雄達

玄晶

夢のそのニ

"秋穂ちゃんは馬鹿ですか?物理の博士として君は、夢はただ夢、そして夢はどんな存在は、君なら全てを知ってる筈だ!僕とって、夢は全部が嘘ですよ、全然信じられない!"

最愛の彼は、私の世界とあの夢の全てを、全部否定な言葉をくれました。

彼はもう私の全て言う言葉が信じなかったら、私は何が言えば良いの?誰も私の事を否定、そしてあの夢の全ても否定、それは現実ですよ!信じるってお願いよ!

でも、現実と信じるのは、科学者は夢の事を硏究して、証明して居る。そして、もし、あれは他の人の前世の記憶だったら、目の前のこの男性は、笑いを置く、後は、私の髪の毛を優しいに撫で、笑いながら否定していた。

"秋穂ちゃん、僕は最後に、夢と言う存在をもう一度説明して上げましょう!アレは全て、朝からずつと思い、そして、夜は夢になる存在ですよ!人々は夜に夢が見ると、それはなんと言う意味?醒める時、まだ現実世界に戻るんじゃない?"

彼は主張して居る言葉は、夢と言う存在は、現実から逃げる道や方法の一種な手段です。

彼は"理性の主義者"なんだから、夢など非現実な物を信じない。私は物理の学者ですけど、全てのアイツらが深く信じる!

"何故誰も教えてくれないの?ソレらの夢は、いったい何が説明するんだ?"

しかし、前世の経験はもう出来るんじゃないか?どうして今まで、あの時からの恨み事を、今も続ける?私は本心で、覚えるなんで、しなかった!

もし、アレは"夢の世界"の中に、本当に過ちや正しい事も分別がないと信じ。

しかし、私は此処にアレを理解、まだ説明すれば、あの夢中に発生する一つ一つ、ただ私の前世、また遥かな記憶だ。

続け説明は無駄だっと思います、私はこれから
夢中の一切を、皆の前に説明にする。

全部が終わる時、皆は信じるか、信じないか、その答えをくださいるのは、遅れないと思う!



「神話の伝説な英雄達」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く