自重しない異世界転生

ム白の羽

19話 王城へ(強制連行)

「さあ、行きましょう」

 そう言って俺の手を握って引いてくるアイリス。いや、ちょっと待った!

「お、おい。手を繋ぐ必要はないだろ!?」
「こ、これは、ユウトさんを逃がさないためです。今度こそ王城へ来てもらはないと困ります。だから仕方ないんです」

 顔を赤くしながらそっぽを向く。
 ・・・・・・言動がいちいち可愛すぎるんだけど。まぁ、美少女と手を繋ぐのは俺にとって得しかないからいいんだけどさ。

(いいのですか?マスター。そのまま出ると多くの冒険者に見られますが・・・・・・)

 あっ、と思った時には既に遅かった。グレンをはじめとする多くの冒険者に、その姿を目撃されてしまった。アイリスに手を引かれる俺を。つまりは、アイリスと手を繋いでる俺を。騒がしかった酒場や受け付けが、一瞬で静まり返る。この場にいる全員がこちらを見ている。
 そりゃそうだよな。王女様と新人冒険者が、手を繋いで現れたんだ。注目しないはずがない。

 が、アイリスはその全てをスルーして進んでいく。
 えっ?スルーするの?この視線の中?すげえ精神力だな。

(単に気づいてないだけかと思いますけど)

 さすがに王女様には、簡単に話しかけてこれないのか、そのまま外に出ることが出来た。ただ、間違いなく次に来た時に根掘り葉掘り聞かれるよな。特にグレンあたりがしつこく。


 俺達は馬車に乗って王城へ向かっているのだが・・・・・・

「なぁ、アイリス。いつまで手を繋いでるんだ?」
「王城に着くまでです。万が一にもユウトさんが、逃げないとも限りませんから」
「いや、ここまで来たら逃げねぇよ」
「そうですか。でも念の為です」

 ちょっと頬を赤く染めてるのがチート級に可愛いんだけど。

「あの、迷惑、でしたか?」
「いや、そんなことは無いぞ。アイリスは可愛いからな」

 そんなことを言ったらアイリスの顔が、真っ赤っかになってしまった。うわぁー、アニメみたいな変化の速さだ。なんか面白いな。

 と、そんなことを話していたら馬車が止まった。どうやら着いたみたいだな。めんどくさい事になりませんように。

「自重しない異世界転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く