自重しない異世界転生

ム白の羽

8話 テンプレな人助け(2)

 ギィン!

「あっぶねー。ギリギリだったな」

 いやー、ほんとに危なかった。あと少しでも遅ければ、女の子が殺されるところだった。

 さて、それにしても、今まで出てきたゴブリンとは格が違うな。鑑定!

 ゴブリンロード

 Lv51

 HP 738
 MP 342

 筋力 402
 防御力 321
 魔力 128
 精神力 186
 魔耐性 243
 体力 237
 俊敏 204

【武器適正】 棒・剣

【魔法適正】 土

【スキル】
 統率Lv4
 棒Lv3
 剣Lv5
 土魔法Lv3

 ゴブリンロードか。ステータスもかなり高めだな。

(進化したことでステータスが大幅に上昇したようですね)

 向こうで騎士と戦ってる奴らも鑑定しとくか。

ゴブリンナイト

 Lv32

 HP 220
 MP 82

 筋力 219
 防御力 182
 魔力 37
 精神力 96
 魔耐性 124
 体力 142
 俊敏 108


ゴブリンメイジ

 Lv32

 HP 140
 MP 205

 筋力 71
 防御力 83
 魔力 202
 精神力 104
 魔耐性 125
 体力 98
 俊敏 103



ゴブリンヒーラー

 Lv32

 HP 142
 MP 205

 筋力 70
 防御力 86
 魔力 103
 精神力 228
 魔耐性 123
 体力 93
 俊敏 106


ゴブリンシーフ

 Lv28

 HP 167
 MP 114

 筋力 147
 防御力 93
 魔力 97
 精神力 84
 魔耐性 92
 体力 123
 俊敏 208


 どれも上位種だな。でも、ゴブリンロードほど強くないな。俺のステータスの前には誤差みたいなもんだが。

 それじゃあゴブリンたちを倒しますか。さっきゴブリンロードの剣を、受け止めた時に使った剣は、折れてしまっているので使える剣は残り1本だな。それじゃあ......

 俺は剣に魔法で風を纏わせた。これなら剣を壊さずに勝てるだろ。

 斬りかかって来たゴブリンロードの剣を横にかわして、一気にゴブリンロードの首をはねる。

 ザシュッ

 フッ。俺の勝ちだな。

 バキッ!

 え!?なんで俺の剣が壊れてるんだ?風を纏わせてたんだから、剣に衝撃は行ってないはずなんだが。

(マスターの魔力量に耐えきれなかったんでしょうね。それより、まだ敵は残ってますよ)

 そうでした。剣がないから魔法で倒すか。毎回風魔法でもつまらんし、今回は、氷魔法でも使いますか。

 イメージは、氷の槍で。並列展開、および自動照準。ホイっ。

 ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ

 ふぅ。殲滅完了だな。ステータスはと、

 シンドウ ユウト 男 16歳

 種族 人間

 Lv50

 HP 14082
 MP 11028

 筋力 5948
 防御力 5804
 魔力 5582
 精神力 5722
 魔耐性 5746
 体力 5726
 俊敏 5757

【スキル】
 統率・・・仲間を統率する時に補正がかかる。

 (..................)

 うん。すごい上がり方だな。

(......Lv50でここまで無駄にステータスの高い人はいないでしょうね)

 な、なんかメアの言葉に棘をかんじる。

(気のせいです)

 そ、そうか。ならいいんだが。

 俺は後ろに振り向いて女の子に声をかける。

「大丈夫か?立てるか?」

「大丈夫です。おかげで助かりました」

 すごく綺麗な声だな。女の子が、立とうとしていたので手を伸ばして、助ける。

「ありがとうございます」

 そう言いながら、女の子は顔を上げた。

 ..................まぁ、説明するとだな。キラキラと、太陽の光を反射する、腰まで伸びた、サラサラな銀髪。透き通るような青い目。出るところは出て、引っ込むところは引っ込んだ、完璧なプロポーション。端的に言えば、超絶美少女だったわけだ。

「?どうかしましたか?」

 そう言いながら、キョトンと首をかしげる。

 うん、やばい。超かわいい。
 


──────────────────
 ゴブリンロード以外のステータスですが、とくに略奪するようなスキルはないので、(書くのがめんどいので)スキル等は、カットします。
 あと、なんか今回、ステータスばっかりでごめんなさい。
 

「自重しない異世界転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く