魔法あるこの世界(仮題)

夢見

第2話新たな決まりPart1

「失礼します。父さん、理玖も連れてきたよ。」
「二人とも座りなさい。老いぼれと少し話をしようじゃないか。」
「当主様お久しぶりです。老いぼれなんてまだまだお若いではないですか。」
「そうだよじいちゃん。それで話って何かあったの?」
「やはり何かあるのはわかっておったか。その様子だと理玖もわかっていたようじゃな。」
じいちゃんは、ニコニコしていたが真剣な顔をして話し始めた。

「実はな、わしはそろそろ隠居しようと考えていてその後釜をお主ら2人のどちらかが時期鳳凰の当主にするつもりなんだ。だけど勘づいておる者もいてな。鳳凰家の後退望んでいる者がいろいろと企んでいるようなのじゃ。それで、2人の意見と気を付けるように言いに来たのだ。」

なるほど、後を付けていたのはそいつらだったのか。それよりも僕たちのどちらかが次の当主ってめんどくさいから理玖がやってくれたら楽なんだけどな。でもたぶん理玖の性格上やる気はなさそうだし。
「当主様、意見をよろしいですか?」
「ここは、公の場ではないのだから自由に発言していいんだが、相変わらず真面目じゃな理玖は。それで意見というのは?」
「はい。自分は、鳳凰家を継ぐ気はありません。辞退させていただきます。」
「そのことなんだけどさ、別に当主は1人じゃないといけないって決まりないですよね?」
「「...えっ?」」

理玖と父さんは驚きすぎて動かない。じいちゃんは、面白いものを見るように、見てきた。
「蒼よ、それはどういうことだ?」
「そのままだよ。2人で当主をしたらよくない?当主は1人じゃないといけないって誰か言った?言ってないよね。だから、2人でやれば仕事量も減るしよくない?」

じいちゃんが、すごく笑っている。理玖と父さんはまだ理解できていないみたいでポカンとしている。
「それは、面白いな。ただ、難癖付けてくるやつが絶対に出てくる。なんせ、鳳凰の後退を望んでおる者もいるようだからな。それは心得ていてくれ。それから、鳳凰財閥の分家である小鳥遊家、金糸雀家、鷹取家(たかとり)、鷲岡家(わしおか)、の当主に伝えるため話し合いの場を作る。
その時に、蒼にはそれをもう一度提案してくれ。蒼の実力等を知ってるからそこまで突っかかってくるもんはいないだろうから鳳凰の中では、簡単に決まるじゃろう。
しかし、鳳凰財閥はこの国の中心のため鳳凰財閥の一存では決定できない。ビッグネームたちを集めて最終的な決定となる。
だから、そこで少なからず反対の意見が出るだろうから考えておいてくれ。」

「それはわかってるから大丈夫だよ、じいちゃん。理玖も、ごめんだけどこれは決定だからね。」
「はぁ、わかったよ。ただ、まだ決まったわけじゃないから。」

理玖は呆れたような顔をした。

「魔法あるこの世界(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く