話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【一話完結】ショートショートショート

野灰琉花

ビリがいるから一位がいる

交通事故で両親が亡くなった僕は、僕と同い年のいとこのいる家に引き取られることになった。
僕もいとこも一人っ子で、兄弟ができたようだと喜んでいた。

でも、それは最初のうちだけだった。
いとこは本当のこどもだから当然だけど、僕はいとこの二の次で、何かと後回しにされる。
引き取ってもらっただけ、ありがたく思わなければ……ということなのかもしれない。

運動に関しては、僕もいとこも同じくらいだが、勉強は僕のほうがはるかに出来が良かった。
いとこの両親は、そのことが気に入らないらしく、僕に辛くあたるようになった。

そこで、僕はいとこと一緒に勉強するようにした。
僕と一緒に勉強したいとこは、学年で一番をとった。もちろん、僕が勉強を教えたおかげだ。
僕はというと、わざと手を抜いて、ビリか下から二番目くらいをうろうろするように。

いとこには、
「僕が勉強を教えていることは絶対に内緒。逆に、僕に勉強を教えていることにしておいて」
と、強く言っておいた。

そして、いとこの両親は僕に辛くあたることはなくなった。むしろ、両親を亡くした可哀想な僕を、いとこが面倒をみてくれていると思い込んでいる。
いとこはというと、学年一位であることを、僕と一緒に勉強していて、自分の復習にもなるから、成績が良いということにしていてくれた。……本当は逆なのだけれども。



ビリがいるから一位がいる。
いとこの影に隠れるようにして、僕は僕自身を守るようになった。

「【一話完結】ショートショートショート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く