話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【一話完結】ショートショートショート

野灰琉花

いいこと日記帳


ゴールデンウイークという長い休みが終わって、学校が始まった。

朝礼で、校長先生は
「『いいこと』をたくさん考えて、その『いいこと』を実行するようにすれば、きっといい世の中になる」
と話していた。


学校が終わってウチに帰ると、机の上にノートが置いてある。
ノートの表紙には、『いいこと日記帳』と印刷されていて、ボクの名前が書いてあった。

校長先生が、今日の朝礼で話していた『いいこと』を書くための日記帳かもしれない。
ボクはそう思って、早速ページを開いて、思いついた『いいこと』を書き始める。

学校の飼育小屋で飼っているウサギ。
エサが足りなくて困っていると、上級生が廊下で話していた。

『飼育小屋のウサギ達がエサに困らなくなって、美味しいエサがいっぱい食べられる』

ボクは、その日記帳にそう書いた。

次の日。
スーパーでゴミ扱いされている、キャベツの外側の硬い葉。
『ウサギのエサにしてください』と、毎日のように学校に届けられるようになった。
飼育小屋のウサギ達は、そのキャベツの葉を、美味しそうに食べている。


これって、ボクがあの日記帳に書いたからかな?
あの日記帳に、『いいこと』を書き続ければ、校長先生が話していたように、『いい世の中』になるかもしれない。
ボクはそう思って、『いいこと』を思いつくと、日記帳に書くようになった。

不思議なことに、『いいこと日記帳』のページ数の残りが少なくなると、新しい『いいこと日記帳』が机の上に置かれている。

きっと、『いいこと』を書き続けなさいということかもしれないと思って、『いいこと日記帳』の全部のページを書き終えると、新しい『いいこと日記帳』に『いいこと』を書いていった。



数十年後。
小学生だったボクは、八十歳を過ぎたおじいちゃんになった。

『いいこと日記帳』は、毎日のように書き続けて、書いたことのほとんどが現実となり、ボクの周りは『いいこと』でいっぱいになった。

でも、今のボクは末期がんで、病院に入院。
それでも、ボクは『いいこと』を日記帳に書き続けている。

ボクは死ぬ間際に、
日記帳に
「この世の中から『悪いこと』がなくなりますように」
と書いた。

今まで書いてきた『いいこと』は具体的なことばかりで、具体的にかけば書くほど、『いいこと』は現実になった。
漠然としたことを書いても叶わないかもしれない。

それでも、ボクは日記帳にそう書いた。

「【一話完結】ショートショートショート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く