愛を知らない少年と愛が重い天魔

Sandy

その頃....ルイ

ルイは殺意の目をしていた。


ルイ
「ブレッド。」


??
「どうした?人間ヒューマンよ。」

と女性が後ろで腕を組んでいた。

ルイは睨み関係ないだろ。散歩だよ。

と歩こうとすると
女性
「・・・・。もし良かったら。私と手を組む気はないか?世界を滅ぼす気は無いか?そうすれば、世界を支配する事のが目的だ。貴方も参加したら?」

ルイ
「それで、愛する人は支配できるか?」


女性
「絶対に出来る。私と仲間になればな。」

ルイ
「そうか。なら、本人に聞いてみる。本人の答えで敵になるか味方になるか決めるよ。」
と城へ戻った。


女性
「こいつは使いたってが良さそうな人間ヒューマンだ。使って使って最終的魂を、食べよう。嫉妬と怒りで熟した魂は絶品そうだ。想像しただけでよだれが出そう。そう思わんか?」

??
「悪魔には最高のごはんかもな。」

と気に隠れている魔物の男性が降りて言った
「俺は人間かれ肉体からだが食いたいな。魂はやるから肉はくれよな。」
女性
「もちろん。その代わり手伝えよ。クラーク。」

クラーク
「そのつもりだよ。ベルゼブブ。」



「愛を知らない少年と愛が重い天魔」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く