【旦那様は魔王様 1】イケニエになりました!?

狭山ひびき

魔王様はモテモテです!【2】

 ライムミントのフリフリなドレスに着替えさせられた沙良は、裾や袖が広がるのをおさえながら、ミリーが煎れてくれた紅茶を飲んでいた。

 沙良の着せ替えに成功したミリーは、ご満悦で沙良の真向かいでクッキーを頬張っている。

「それで、沙良様は窓の下にシヴァ様を発見して、しゃがみこんで隠れてたんですかぁ?」

 ミリーの声には愉しそうな響きがある。

「まあ、あれを見たら隠れたくもなりますよねぇ」

 あれ、というのは五人ほどいた女性のことだろう。

 沙良は何となくだが気になって、ミリーに訊いてみた。

「あの人たちは、シヴァ様の、お友達、ですか?」

 友達よりは親密な感じがしたが、五人もいたので、恋人とは言い難かった。

 すると、ミリーはクッキーを飲み下して、紅茶で喉を潤してから答えた。

「違いますよぉ。『暇つぶし』の相手ですぅ」

「暇つぶし……?」

「ああー、近い感じで言うと、愛人?」

「愛人!?」

「シヴァ様に愛があるのかどうかはわかりませんけどねぇ」

 ミリーは、はあっとため息をついた。

「といっても、あの人たちは妻気取りでいるんで、あんまり近づかない方がいいですよぉ」

「妻……」

 すると、奥さんが五人いるということだろうか。

 悩んでいる沙良をよそに、ミリーは新たなクッキーに手を伸ばす。

「一応、あの人たちも、お城の部屋は与えられてますけどねぇ。わたしはあの人たち、きらいですぅ」

 ケバケバしくて、と子供らしからぬ侮蔑を含んだ表情でミリーは吐き捨てた。

「まあ、お城は広いんで、自分から会いに行かなきゃ、めったに会うことはないと思いますよぉ。だから、変な気、起こさないでくださねぇ。面倒なのは勘弁ですぅ」

 そんなことより、とミリーは沙良の方に身を乗り出して話題を変えた。

「せっかく昨夜、シヴァ様を撃退できたんですからぁ、今のうちに、何かやりたいことはないんですかぁ?」

「撃退……」

 撃退したのは沙良ではなくミリアムだが、沙良は昨夜、部屋から去るシヴァの氷のような表情を思い出して、びくっと震えた。

 怒らせなかっただろうか。

 もしかしたら、怒らせた分、ひどい目に合わせされるのではないだろうか。

 びくびくしていると、ミリーがあっけらかんと答えた。

「怯えなくても、だぁいじょうぶですよぉ。ミリアム様が、シヴァ様から守ってくれますからぁ。きっとしばらく平和に暮らせますって。で、何かしたいことはないんですかぁ? 退屈でしょ~?」

 ミリーの明るい声を聞いていると、本当に大丈夫な気がしてくるから不思議だった。

 沙良は少し考えて、ちらっとミリーの持つクッキーに目を止めた。

「……お菓子作り」

「ふえ?」

「お菓子作りが、したいです」

 それは、昔から思っていたことだ。

 一度でいいから、お菓子作りをしてみたい。

 閉じ込められた沙良は、お菓子作りはもちろん、料理もしたことがない。

 だが、子供のころから、お菓子を作ってみたいと思っていたのだ。

 ミリーは変な顔をした。

「お菓子ぃ? お菓子なんて、できてるの食べればいいのに、沙良様って変わってますねぇ」

 うーん、と首をひねってから、ミリーはにこっと微笑んだ。

「わかりました。いいですよぉ。ちょうど適任がいますから、その人に教えてもらいましょうか!」

 そうして、沙良はさっそく、午後からお菓子作りをすることとなったのだった。

「【旦那様は魔王様 1】イケニエになりました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く