【旦那様は魔王様 1】イケニエになりました!?

狭山ひびき

魔王様はモテモテです!【1】

 沙良は、部屋の窓からぼんやりと城の庭を見下ろしていた。

 城の庭は、沙良の窓から見渡せる範囲だけでもかなり広い。

 灌木かんぼくで作られた迷路や、翼が生えた石像、噴水や背の高い木々――

 いろいろなものが、絶妙なバランスで、広大な敷地の中にポツンポツンとおさまっている。

 昨夜――

 シヴァが部屋から出て行ったあと、ミリアムに促されてベッドに入り、気疲れしていたのか、いつの間にか眠っていた。

 目が覚めたときにはすでに朝で、ミリーが朝ごはんを持って起こしに来てくれたのだ。

 そのあとミリーは「またあとで来ます」と言い部屋を出て行ったので、沙良は一人の時間を持て余していた。

 何もすることがないので、こうして庭を眺めていることにしたのだが、つい数分前から、沙良の視線はある一点に注がれていた。

 数分前、庭にシヴァがあらわれたのだ。

 散歩でもしているのか、噴水のあたりを歩いているのだが、その両脇には、綺麗に着飾った女性が五人ばかり侍っている。

 彼女たちは青や黄色や緑といった個性的な髪の色をしていて、さらにドレスもカラフルなので、その一角だけ妙に華やかだった。

(魔王様、モテモテです)

 彼女たちは、口々にシヴァに何かを話しかけては、くすくすと楽しそうに笑っている。

 ここからシヴァの表情は見えないが、あれだけの女性に囲まれたらきっと楽しいだろう。

 あの怖いシヴァでも、彼女たちには微笑みかけたりするのだろうか。

 生贄いけにえの沙良には、冷たい視線しか向けないけれど――

 昨夜、ミリアムが助けてくれたから、沙良はまだ生贄として死なずにすんでいる。

 だが、きっと、近いうちにその瞬間は訪れるのだろう。

 昨夜の怖いシヴァの顔を思い出して、沙良は少し悲しくなる。

 ――そのとき。

 シヴァの顔が上を向いた。

「―――っ」

 沙良は慌ててその場にしゃがみこんだ。

 シヴァの視線が、こちらを向いた気がしたのだ。

(目、合った……?)

 沙良が見ていたことに気がついただろうか。

(怒られる……?)

 びくびくしていると、コンコンと部屋の扉がノックされて、フリルとレースたっぷりのライムミントのドレスを小さな腕に抱えたミリーが入ってきた。

 窓の下にしゃがみこんで丸くなっている沙良を見て、パチパチと目を瞬く。

「なにしてるんですかぁ? 沙良様」

「えっと……」

 沙良は途端に恥ずかしくなって、慌てて立ち上がって窓際から離れると、窓から少し離れたところにある皮張りのソファに腰を下ろした。

「何でもないです」

 取り繕ったように笑ったが、ミリーは騙されてくれず、ひょいと窓の外を見下ろして「ああ」と苦笑した。

「シヴァ様ですかぁ。相変わらずお盛んですね~」

 その声に、少しばかり軽蔑したような響きが混じっていた気がするが、気のせいだろうか。

 それから、ミリーは腕に抱え持っていた豪華なドレスをベッドの上において、沙良を振り返る。

「さあ、沙良様、着替えましょ!」

「え?」

 すると、そのフリフリの豪華なドレスは、沙良の着替えだろうか。

 沙良はまだ昨日の夜着のままだった。

 これも十分可愛いし、ルームウェアとして申し分ないと思うが、その動きにくそうで、とても豪華なドレスに着替えなくてはいけないのだろうか。

「それに、着替えるの……?」

「そうですよ」

 ミリーはあっさりうなずいた。

 ミリーも、フリルたっぷりの膝丈のドレスを身に着けているが、彼女の場合はそれがとても似合っているので問題ない。

 だが、シヴァにも初対面の時に「貧相」だと言われた沙良に、そのゴージャスなドレスが似合うだろうか。

「沙良様は細いから、ふわふわしたドレスを着ないと、風に飛ばされていきそうですぅ。だから、このドレスにしましょう!」

 ピンクでもよかったんですけど、この色も似あうと思うんですよね、とミリーは鼻歌交じりに沙良の夜着を脱がしにかかる。

 沙良は大慌てで部屋の隅に逃げた。

「ま、待って! もう少し、その、シンプルなのが、いいです。そんなお姫様みたいなドレス、きっと似合いません!」

「似合いますよぉ」

「むりむりむり!」

 昨日よりはスムーズに会話ができるようになった沙良は、「むり」と言いながら、ミリーの手から必死で逃げた。

 だが、ミリーも負けていない。

 もともと外出することもできず、部屋の中で十七年生活していた沙良だ。

 もちろん体力や俊敏性など持ち合わせているはずもなく、回り込んだミリーにあっさり捕まってしまった。

「はい、着替えますよぉ」

 にこっと微笑んではいるが、有無を言わさない迫力に、沙良は結局諦めて、渋々頷いたのだった。

「【旦那様は魔王様 1】イケニエになりました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く