ドメスティック・ラブストーリー

六首と六難

七巻穂乃香

私、七巻穂乃香(ななまきほのか)は世間一般と照らし合わせても普通の人だと言うことが出来る。得意なことと不得意なことがバランスよく備わっており、学力テストでそこそこの位置に属している。

そんな私も恋をする。

そんな相手も世間一般で言うなら普通だろう。

そう、世の中は確かに変化しつつある。

より、同性愛が広く認知されるようになった今の時代。

私が館楓(かん かえで)に恋をしたってなんにもおかしくないだろう。

だって、私は世間一般でいう普通なのだから。

私の恋を笑うやつの方がよっぽど、世間一般でいう普通じゃない人だろう。

「ドメスティック・ラブストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く