2度目の人生を謳歌する

ノベルバユーザー289715

呼び出されました

しばらくして、だいぶ学園にも慣れた。相変わらずヒロインはめっちゃ絡んでくるけど、アベルや王子に庇われたり、逃げたりしてかわしていた。

今日もいつものように、アンナさんと食堂へ朝ごはんを食べに行った。
貴族も通うので豪華なメニューもあるし、平民も通うのでサンドイッチなどのメニューもある。

私は最近、セットになっている定食の様なメニューをよく頼む。アンナさんと世間話をしながら、朝ごはんを食べる。すると、むこうから挙動不審な同じクラスの男の子がこっちに向かって歩いてきた。あれ?私の所に来ようとしてる?男の子は私の前で止まって、顔を赤くしながら口を開いた。


「あの!シェリル様。えっと、えっと、授業が終わったら屋上に来て欲しいんですが、、、」

なんだろう。決闘?定番だよね。でもそんな感じには見えないけど。

「??はい。いいですけど?」

まあいいか。授業が終わったら行って見ようかな。



という事で授業を受けた。相変わらずなんか軽い教師。そして授業が終わって、連絡事項の時間。


「今日も授業終わったなー。連絡だが、明日に剣術大会がある。腕に自信がある奴は出てみるといいぞ。」


剣術大会か。男子しか出なさそうだな。みんな出るのか聞いてみよう。


「レオン様達は明日の剣術大会出るのですか?」
「俺達はでるぞ。」
「シェリルちゃんは出るのー?」 

王子とチャラ男は出るのか。どうしよう。

「ちょっと迷っていて。」
「シェリルは強いからな。出てもやられることはないと思うぞ。」 
「出たらいいと思うよー?」


そうか。そしたら出ようかな?

という事で私は翌日の剣術大会に出ることに決めた。



はい。今私は屋上にいます。呼ばれたからには来ないとね。失礼だし。決闘じゃなきゃいいな。

さっきの男の子が入ってきた。顔を真っ赤にして。


「あっあの、シェリル様!きゅ急に呼び出して、すいません!大事な話があって……」

噛みまくってるね。決闘では無さそう。

「あの………僕と付き合ってください!!」

はい?

「付き合う?」
「はい!シェリル様、お美しいし、勉強もできて、魔法も剣もすごくて……ずっと憧れていました!是非僕と婚約して欲しいです……」

ああー。実感が無かったけど、今の私は超絶美少女だったわ。確かに告白して来る人も居るよね。

冷静になって、目の前の男の子をまじまじと見る。結構かっこいいな。優しそうだし。そう言えばこの子、侯爵家の下の方の長男の人じゃないかな?そしたら身分的にも問題ないかも。 


「えっと。婚約の話はお父様の方に言って貰えると……あっ。でも、もうちょっと待ってください。考えてからお返事します。」

「は、はい!分かりました!僕はサシャ・クリストフと言います!」

もうちょっと考えよう。あんまり焦って返事してもアレだしね。

「2度目の人生を謳歌する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く