2度目の人生を謳歌する

ノベルバユーザー289715

学園に入学します

6歳になった。今年から学園に入学する。

まず学園についてちょっと話そう。わたしが通う学園は剣も、魔法も、勉強もする、8年制の共学だ。この学園がゲームの舞台なのだが。ヒロインは平民のため、平民も貴族も関係なく通う学園だ。王子にも惚れられたし、アベルもいるからゲームどうりにはならないと思う。


「お嬢様ついに学園に入学ですね。今日も相変わらずお美しいです。制服も似合っていますよ。」
「ありがとうございます。アベル」
「そう言えばお嬢様。この間の学園の入学試験で、お嬢様の成績がトップだったようです。流石お嬢様ですね。私は誇らしいです。」 

トップとか聞いてない。

「えっ?トップ?そんなに出来ていましたか?」
「はい。首席と言うことですので、入学式で挨拶をしなければならないそうです。」
「えー。私にちゃんとできますか?」
「お嬢様なら大丈夫ですよ!頑張ってください。」


マジか。首席かー。あのテストがそんなに出来ていたとは。ちょっと手を抜けば良かったかも。アベルはそう言ってくれても挨拶とか不安だな。代表な訳だし。



という事で今アベルと共に、馬車揺られてから学園にたどり着いた。学園には生徒が溢れている。どの生徒もキラキラした顔をしているな。これからのキャンパスライフに期待している顔だ。



…………次は新入生代表の挨拶です。今年の首席、シェリル・スカーレット様、よろしくお願いします。


「はい。初めまして。私はシェリル・スカーレットと申します。伝統あるこの学園に入学できて光栄です。これから8年、仲間と共に輝かしい未来に向かって、勉学に励んでいけたらと思います。よろしくお願いします。」


よし!短めだけど、ちゃんと言えた。見てる人が感嘆の声を漏らしているし、「お美しい……」とか言ってる人がいるから好反応だと思う。でも初日から目立っちゃったなー。

それから順調に式は進み、無事に終わったのだった。



私はアベルと教室にたどり着いた。中に王子、チャラ男、ヒロインがいる。濃い面々だ。教室に入って席に着くと、明らかにヒロインが睨んできた。うわぁーこれヒロイン転生者じゃない?決まり?そう思っていると、教師らしき人物が入ってきた。


「全員揃ったなー。それじゃあ一人一人自己紹介してー」


王子とチャラ男が自己紹介すると、明らかにヒロイン含む私以外の令嬢が熱い視線を向けていた。
ヒロインの番だ。


「初めましてぇー!わたしぃわーアネットだぁよぉー。ぜぇひー皆んなーなかよぉくしぃてぇねぇー。」


うわぁー。マジでこれうわぁーが止まらない。みんな怪訝な顔してるよ。可愛かったらぶりっ子だけど、この子可愛くも無いからなー。普通だし。初日からイメージ最悪だこの子。私の事時折睨んでくるし。あっ次私だ。


「初めまして。皆さん。シェリル・スカーレットと申します。是非皆さんと仲良くしたいと思いますので、よろしくお願いします。」


特に男子が熱っぽい視線をむけてくる。王子も。ほとんどの女子も見惚れている目だ。ヒロイン含む1部女子は睨んでくるけど。まあ掴みはまずまず。イメージ上げるの頑張るぞー。

「2度目の人生を謳歌する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く