2度目の人生を謳歌する

ノベルバユーザー289715

攻略対象たちが遊びに来ます

今日、王子が遊びに来る。正直関わりたくなかったけど、相手は仮にも王子だし断れないよね。


「お嬢様、殿下がいらっしゃいました。」
「分かりました。今行きます。」


ついに来た。私は客間に向かった。そこには相変わらず空気が違うキラキラ王子。今はまだ猫被ってるみたい。


「失礼します。お忙しい中、ようこそいらっしゃいました。」
「こちらこそ、急にお邪魔してすいません。」


急だと思ってるなら来るなよ。でも顔には出さず、微笑を浮べる私。大丈夫、相手はイケメン王子だけど私は超絶美少女お嬢様だ。自信を持って行こう。


「シェリル嬢とは1度お話したいと思いまして。婚約と言う話になるかもしれないでしょう?」

これはまずい。

「失礼ですが、パーティーの時も言ったように、私なんかに殿下は釣り合いません。」
「俺と婚約したくないのか?他の女は俺と関係を持ちたがるのに。」

本性を表したなコイツ。

「いえ、私は平和に暮らしたいですし、私に王妃は荷が重いです。」
「珍しいな。お前。じゃあ俺はおまえを落とす。あとレオンと呼べ。」

うわぁー。嫌なやつに目を付けられたようです。上手くかわせるかな。

しばらくしてからも、王子は遊びに来る。しかもチャラ男も連れて来るようになった。


「よう。シェリル。俺と婚約する気になったか?」
「やっほー。シェリルちゃん。今日も可愛いね。彼女になんない?」

しつこい。チャラ男は正直私に気があるのか分からない。誰にでもこう言うからな。

「こんにちは。レオン様、アラン様。婚約は嫌です。彼女にもなりません。」


という事で、攻略対象に気に入られてしまった。結構な頻度で遊びに来るけど、暇なのかこいつらは。最初は遠慮してたけどもうはっきり言える仲になった。



4歳になった。今年はお兄様が男だけの剣術学校に通う年だ。静かになるのはいいけど、兄様がうるさそうだな。


「シェリルに会えなくなるなんて嫌だ!僕学校なんて行きたくないー」
「ダメですお兄様。ちゃんと学園で学んでこないと、アホになってしまいますよ。」
「僕もシェリルと同じ学園に行きたかったー。そしたら2年たったら、シェリルも入ってきたのに!」


兄様がグチグチ言っているが仕方ない。兄様は魔法が使えないのだ。私は魔力検査をしていないので詳しいことは分からないが、魔力はある事が分かっている。でもそしたらゲームだと兄様はヒロインと接点が無いはずなのに謎である。所々違うのかな。


という事で、兄様は色々言いながらも、馬車に乗って学園に向かっていった。
やっとうるさいのが行った。ゆっくりしよう。

「2度目の人生を謳歌する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く