話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

保存料たっぷりの生活

聖 聖冬

無添加の世界④

「あっちは合流したみたいだねー。出来れば僕も行きたいんだけど、お兄さんそろそろしちゃいなってギブギブ」

「……断る」

「でもさー、メリッサには誰も勝てないよ? だから大人しくしてくれた方が僕も助かるなー」

「圧壊」

少年の両足が地面から離れたところを狙った一撃も、大きなクレーターを作っただけで仕留めるには至らない。
それどころか鋭く切り返した一撃が腕を掠める。

「すごいすごい、これが人類で最強の戦闘民族の力。象のお腹も蹴りで貫いて、馬を無休で走らせても3日の森を1日半で駆け抜ちゃう足」

両手に持ったダガーナイフをくるくると回しながら感嘆しつつも、その双眸《そうぼう》はしっかりと目の前の獲物を物色している。
油断を誘うような口調とは裏腹に、ほんの少しだけ動いた左手に合わせて足下がせり上がり、広範囲に渡って爆発が生じる。
上手く誘導に成功した少年は予め仕掛けていた罠を作動させ、空に逃げた獲物を先程の爆破と同じ規模で一気に叩き落とす。

「凄いね、このコンビネーションで仕留められなかった傭兵は初めてだよ」

煙の中からほぼ無傷で姿を表した無愛想な男を見て、少年は感激の声を漏らす。

「ふんっ、くだらん」

「お兄さん名前は?」

「ユーリ・イルカルラ」

「ユーリ……僕はギルバート・ウィンチェスター。また会おうね、お兄さん」

そう言って闇夜に紛れたギルバートの気配を見失い、踵を返して大きく離されたフランチェスカの方に急ぐ。

「保存料たっぷりの生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く