明日はきっと虹が見える

モブタツ

プロローグ

  冷たい風が私の体温を奪っていく。
  茶色の手編みのマフラーは私の首と口を寒さから守り、同時に制服をおしゃれに着飾ってくれていた。
  私はしゃがんでいた自分の体に渾身の力を込め、ゆっくりと立ち上がった。
  両手で持っていた専門学校の合格通知書をカバンの中に入れ、両手で頬をパチンと叩く。
「よし!」
  春から新しい生活が始まる。
  そのために、私は生まれ変わらなければならない。
  きっと、それは簡単なことではないだろう。
  でも、彼となら。
  彼と一緒なら、怖いものはない。
「じゃ、行こっかね」
  私の隣にいるかけがえのない財産は私の肩に手を乗せた。
「そうだね。行こう」
  彼の家に向かって歩き出す。
  私はもう一人じゃない。そう自分に言い聞かせた。






こんにちは
作者のモブタツです

小説を読んでいただきありがとうございます!

今回の小説はかなりの長編です
恋愛の「なかなか進展しないもどかしさ」を楽しんでもらえたらと思い、かなり長めの長編となりました。気長に読んでいただけると幸いです。

更新日は毎週月曜日と木曜日を予定しております。
…が、投稿が予定日を前後する場合があります…。

よろしければいいね、コメントなどなど、お願いします
また、誤字の報告なども遠慮なく!

「明日はきっと虹が見える」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く