話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

うちの地元に現れたゾンビがカラッカラだった件について

島倉大大主

第二章 私と618:7:タイトル

 Xにこの原稿を見せた所、鼻で笑われつつ、何故こんなタイトルにしたんだ? と聞かれた。

 これは某社員に、この原稿を読んでもらった折に(前述の、初日に重役連中に怒られていた、うちの社員の彼である)、タイトルが固すぎる、と言われたのだ。

 ちなみに、最初のタイトルは『618回顧録・あるいは熟成ゾンビについて』だった。

 彼は、若い人こそ、これを読むべきだと思います、と今のタイトル『うちの地元に現れた~』を提案してきたのだ。
 私は、なんだか一昔前のラノベみたいじゃないか、と苦笑した。彼も、まあ、今更こんな長ったらしいタイトルもどうかと思いますが――と笑い、こう付け足した。


「でも、これが全てでしょう?」


 その通り!
 連中がカラッカラだったから、私はこれを書いているのである!(彼の給料をちょっぴり上げたのは、重役たちには、内緒だ)


 了

「うちの地元に現れたゾンビがカラッカラだった件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く