話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

うちの地元に現れたゾンビがカラッカラだった件について

島倉大大主

第一章 生態及び撃退方法について:基本生態、身体能力

 何だ今更、とうんざりする方々も多数おられるかと思うが、少し我慢をいただきたい。

 六月十八日に東京で発生したゾンビは、映画にならって、『旧ドン系』と呼ばれている。つまりは『走る』のではなく、『歩く』のである。

 また、噛みつくことによって感染し、時間をおいて発症、ゾンビ化する。
 発症までの時間は個人差があり、速くて数分(これは諸説あるが、公式の記録で最速は三分弱だという。しかし数十秒で発症したとの主張もあるが――これは眉唾だ。動画サイト等に全く無いのだ。ただ――フェイク映像の類や、映画の一部抜粋でそういう物もあるのだが……)、遅い場合は半日程度。この時間差が感染が拡大した原因と言われている。

 つまり、噛まれた人間が移動する事により、感染が拡大した、というわけだ。

 だが、作者としては、『他の五大都市でも同時多発的にゾンビが発生した』という点を考慮し

『実は、発症者が相当数、解き放たれたので、感染が拡大した』という説の方を推したい。

 読者諸君も実際に目撃するか、動画サイト等で見たと思うが、『ゾンビに噛まれた人間は、即座に前後不覚になる』のである。故に、救急搬送されてしまい、病院等で爆発感染を引き起こすことになるのだが、とにかく、遠方までの移動は不可能であろう。
 いや、しかし電車等に乗る場合もあるじゃないか、という疑問は当然のように出てくるのだが……関東限定で言えば、都内以外でゾンビが確認されたのは、早くても六月十九日なのである。
 ちなみに作者の住む地元には新幹線が停まるが、ゾンビ達が姿を現したのは、六月の二十五日であった。(まあ、後述する迅速な処置が功を奏していたのではあるが、としても、一人も来なかった点は見逃せない)



 次はゾンビの身体能力である。

 大体の資料や著作物では、歩行速度は、時速四~五キロメートル。筋力等は、脳のリミッターが外れた状態なので、怪力を発すると記されている。
 確かに、そうなのだろう。実際にゾンビによって破壊された家屋や、損壊された遺体の写真や映像もある。
 だが、それは『なりたて』の場合に限るのだ。

 個人的には、地方に拡散したゾンビ――所謂『熟成ゾンビ』の筋力は、移動する脚力以外は、ほぼゼロに近かったのではないかと考えている。
 嘘だ、とお思いの地方在住の読者諸君は、よく思い出していただきたい。

 ゾンビがドアノブを回しただろうか? 

 ゾンビが物を持っただろうか?

 ゾンビが掴みかかってきただろうか?

 連中の筋肉で、数日後に役目を果たすほどの動きができたのは、顎と足ぐらいだったのではないだろうか?
 壁を破った、という話も、よく聞いてみれば――それはゾンビ達の重さで壁が崩れただけではなかったか? 施錠をして立てこもった諸君は、殆どが生存しているのではないだろうか?
 しかも、その顎の筋肉や足の筋肉ですらも、時間経過で更に弱くなっていったのではないか?
 原因は簡単だ。

『腐敗』と『乾燥』である。

 日本の夏はアフリカよりも暑い、とマサイの人が言ったとか言わないとか。
 まあ、ともかく、これを執筆している時点の日本の六月は非常に暑い。全国平均が35℃越えで、東京にいたってはヒートアイランド現象やらなにやらで更に暑い。

 618事件当時は、六月の観測史上最高気温を叩きだしていたそうで、しかもゲリラ豪雨が各地で頻発した。(なんと北海道も連日32℃越えだった)

 雨でぐしょ濡れになり、アスファルトで焼かれ、また雨でぐしょ濡れになる。

 つまり、五大都市で発生したゾンビ達は、行軍の途中で半数が『腐敗して行動不能』になり、残りの半分が『動く干物』のような状態になっていったのだ。
 体重は――活動停止した状態の物を、数体計測したが――大体、30~40キロ以上の個体はいなかったのである。(最も軽かったのは、長身の女性で、17キロだった)

「うちの地元に現れたゾンビがカラッカラだった件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く