話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

同志スターリンは美少女です!?

蛇に足

13話 工場疎開(ついでに政府機能も)







ついに1939年9月1日。史実通りヒトラー率いるドイツはポーランドに宣戦布告し独立保証に基づきイギリスとフランス率いる連合国とも開戦した。


その侵攻前にモロトフ=リッベントロップ協定で東ポーランドはこちらに割譲されるしバルト三国とルーマニア東部ベッサラビアもこちらの勢力圏として認められた。まあ、だからと言ってそれを盾に侵攻はしないけどね。こちらとしては別に東部ポーランドが割譲されるのはいいとしても当初の予定ではドニエプル川の要塞線でドイツの進撃を防ぐ予定だし、主にこの世界での独ソ戦はソビエト連邦側は防衛戦になるから主に重戦車を中心に配備している。勿論その後の反抗作戦の時のために中戦車、軽戦車も技術開発させている。その辺は抜かり無くだ。


そして、ドニエプル川までを放棄するとなれば有数の都市のミンスクとキエフを放棄せねばならないのでそこまでに存在している工業地帯の疎開を既に始めている。史実でもあった工場のシベリア疎開だ。まあ戦時中ではない現在ではどちらも稼動しているが。


流石に住民の方は今から疎開させる訳にはいかないので、現在秘密裏にウラルに居留地を建設している。もし独ソ戦が開戦してもドイツ軍が来るまでに全住民を鉄道で移送完了出来る手筈だ。勿論、前線から近い所に住んでいる住民に関しては無理な部分もあるだろうからそこはもう戦争だし仕方がないと諦めている。少し罪悪感はあるけど。それに、以前の大粛清で少なくなった将校に関しては現在絶賛育成中である。主にジューコフ元帥やトゥハチェフスキー元帥におまかせしている。他にも優秀な歴戦の指揮官が豊富なのでその方達にもお願いして若手への指導をしてもらっている。


外交方面では、先程も言った通りモロトフ=リッベントロップ協定をドイツと結び、幾つかの技術も入手できた。日本とはソ連-満州国境での小競り合いはまだあるが、日本には我が連邦海軍の士官育成や建艦技術の指導をしてもらっているので比較的良好である。小競り合いに関しては日本政府に止めるように要求しているが軍部を掌握出来ないのか中々収まる気配はない。こちらとしても毎年毎年死者が出るのは誠に遺憾だがそれは日本とて同じなので胸の内に留めている。イギリスとは特に進展はしていないが水面下での接触を続けている。主には対独での方針の一致だ。アメリカとは継続して貿易を続けている。フィンランドとは以前にも増してその同盟関係をより強固なものとして、恐らくはドイツがノルウェーに侵攻するだろうから極秘にノルウェー国境に要塞線を建設した。勿論ソ連が全面的に協力したので時間的には半年も掛からなかった。中国とは主に国民党で、日本と戦争中であるがあちらがうちに支援を求めてきているが日本との関係を優先しているので当然無視している。それと、日中戦争に関しては史実とは違いかなり日本優位に事が進んでいるようだ。まあ、それはこちらが日本がしてくれている海軍の育成や技術提供の見返りに資源(主に石油)を安く輸出したり、ソ連製の戦車も輸出しているからであるが。巧く使ってくれているようだ。


私個人としてもさっさと中国に関しては安定してくれた方が都合がいいので、ここは取り敢えず日本の勝利で終わってもらいたい。あ、因みに日本とは不可侵を結んでいるので。史実と違い国際的に孤立はしてないんですよ。日本もうちのおかげで史実よりはマシな状態だ。


一応現在のソビエト連邦の状態を纏めるとこんな感じ。


·他国との関係は(表面上)枢軸、連合どちらとも比較的友好
·フィンランドとは同盟関係
·東部ポーランドを占領中
·バルト三国には不干渉(ドイツに攻撃されるようならば防衛する)
·日本の技術的支援を受けている(海軍)その見返りに様々なお返しをしている
·タンヌ・トゥバは併合済み
·モンゴルは同盟国、新疆軍閥には工作中
·ドニエプル川に防衛ライン
·フィンランド-ノルウェー国境に要塞線
·工場は既に疎開
·住民の移送準備は整っている(インフラ万全)
·万が一に備えて首都機能をニジニノヴゴロトに整備




最後の首都機能移転については、戦況の悪化により万が一にもモスクワが陥落しそうな場合、政府機能が集中しているモスクワが落ちても万全な態勢をとれるようにするためだ。でもまあ、ソビエト連邦の状態も史実よりもはるかにマシなのでそこまでになることはないと試算しているが。







「同志スターリンは美少女です!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く