話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

同志スターリンは美少女です!?

蛇に足

12話 ソ連とフィンランドは盟友(ずっ友)さ







無事、両国は同盟を締結し、世界に衝撃と驚愕をもたらした。そんな同盟の直後からソビエト連邦による凄まじいフィンランドへの技術的支援が始まった。


それは、フィンランドに見合った工業力を着けるために大量の工業機械がフィンランド向けに輸出されたり、最新型の工業機械のライセンス生産が許可されたり、はたまた農地整備やインフラ整備まで全てをソビエト連邦政府及びソ連国籍私企業の支援と援助の元で急ピッチで行われた。


ただ、この頃のフィンランドの人口が人口なのでその伸びはゆっくりとしたものになったが、それでも以前よりも工業生産額及び農業生産額が大幅に伸びたのも確か。それに加えて、首都ヘルシンキ含むフィンランド都市間では鉄道で結ばれ輸送力も強化された。それに伴い、と言ったら語弊があるかもしれないが首都や都市部では一部高密度化が進められその結果フィンランドの出生率を上げたのは余談だ。さらにフィンランドはソ連側の軍がフリーハンドを得たのでそれを少し削減したりしていた。これには同盟の効果が大きい。何せ、規模だけを見ると世界最大のソ連が有事の際は守ってくれるのだ。


ともかく、この約一年間はフィンランドにとっては一番の変化があった年になったのではないだろうか?


その一年で両国の国民のわだかまりも鳴りを潜め、今では活発に両国を行き来している民の姿が多く見られる。それは、ソビエト連邦からフィンランドに仕事に来た人、逆もまた然り。既に両国の国民はノービザで両国を行き来出来るようになっている。それは物流の面でも同じで、両国は関税を撤廃。これにより両国の特産品がより流通することになった。


この、ソビエト連邦とフィンランドの蜜月は各国を驚かせ、影響も与えた。その一例としてはイギリスとフランスが技術協定と関税引き下げの条約を結んだこと。アメリカと南米の国々でも同じような事を条約として結んだようだ。その間、勿論ソビエト連邦が何もしていなかった訳がない。


フィンランドは他国に負けじとソビエト連邦の技術を吸収して、少数ではあるが戦車を生産できるまでに至った工業力。寒い極寒の大地ながら、他国の輸入に頼らずに維持できる農業。それどころか他スウェーデン等の北欧諸国に輸出出来るまでに至っている。それと、人口の少なさで今まで存在が発覚していても開発出来なかった鉱山もソビエト連邦の企業が入って開発した。これにより、フィンランド経済はさらに潤うこととなった。逆にソビエト連邦の方もフィンランドと言う消費先が出来たことにより、更に物と金が回るようになり経済が活性化された。それにより国民の購買力が増して国の経済力自体も増加した。


これはまさに、日本の高度経済成長期にも匹敵するであろう経済成長率だった。フィンランドもそれ以上に経済成長を遂げており、まだ一年目ながらその伸びは凄まじいものがある。フィンランドは世界有数の富裕国になりつつあった。ただ、それに伴い弊害もあった。それは移民の増加だ。フィンランドもソビエト連邦も基本的に移民は受け入れているが最近のそれは同盟前と比較にならず、特にフィンランドに関しては月間5万人以上と空前絶後の数字を叩き出していて、政府の方も苦慮しているようだ。なので、幾等かはソ連の方で受け入れており、それは移民者の方の同意を取ってからにしている。


移民は特に現在、経済が低迷しているアメリカやイギリスから流れてきており、その両国も対策は取っているようだがあまり効果は無いようだった。しかし、アメリカもイギリスもそれぞれ画期的な政策を打ち出しており、徐々にではあるがその経済を持ち直しつつあるのは確かだった。


と言うよりも、私は世界恐慌の影響が十年以上たった今でも残っているのに驚いたのだが。ソビエト連邦が五ヵ年計画とやらを進めていて本当に良かったと思った。






フィンランドとはそうこうしているうちに、既に1939年。激動の時代はすぐそこに迫っていた。


今年、恐らくは史実通りにドイツが9月1日にポーランドに宣戦布告して、ポーランドの独立保証に基づきイギリスとフランスが参戦してくるだろう。と、その少し前に独ソ不可侵条約(モロトフ・リッベントロップ協定=MR協定)が結ばれるだろうと私は思っている。ドイツとしてはこの時期どうしても東側にフリーハンドを得たいだろうし、こちら側としてはドイツに対して相当な譲歩を引き出せる。あわよくばそこでドイツの技術をむしりとりたいものだ。


今はまだ開戦まで半年以上ある。独ソ開戦までに至っては一年以上(或いはたった一年かもしれないが)ある。それまでに体制は万全に備えておきたい。あわよくば外交交渉のみでドイツとの戦争は回避したいがそれは無理だろう。史実でも不可侵を一方的に破棄しているし、それをどれだけ破棄を難しくしても相手がそれを無視してしまえばそこまでだ。国際的な非難は間逃れないが既にイギリスとフランスを敵に回すドイツもといヒトラーにはどこ吹く風だろう。


今のところ私が比較的頼りにしているのはアメリカだけだが、如何せんあの国は動くまでに時間がかかりすぎる。だから、少なくともアメリカがレンドリース法を可決してくれるまでは損害を抑えて耐えておきたい。


と、そのようにちょっとした未来のための計画を立ててみたけどやっぱりその時にならないと分からないものだね。







「同志スターリンは美少女です!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く