話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

同志スターリンは美少女です!?

蛇に足

5話 ちょっとした研究所(ヤバい奴等の巣窟)です







「な、な、な、何故、私は女性になっているのでしょうか!?同志スターリン!!?」


あははははは!!トゥハチェフスキーが慌てる姿って何だかシュールだけど、今のトゥハチェフスキーは美少女だから凄く画になってるよ!


「何故って、同志トゥハチェフスキーに飲ませた薬のせいですが。ほら、罰だと言いましたよ。まあ良いじゃないですか。あんなおっさんよりも今の姿の方が軍の士気も上がりますし、何より私が望んだ事です。」


「え、え?同志が望んだ!?」


「そうですよ!だって、私の周りはいつもむさいおっさんばかりで華が無いんですよ!!だから、無理矢理でも華を作るために取り敢えず同志を女の子にしてあげたんです!どうですか?素晴らしいでしょう!!何せ、あんなおっさんの見た目から今の同志はこの世界でもまたといない美少女ですよ!ほら、若返ったと思えばメリットだけです。」


「なっ!!?そ、そのような薬の技術を何処から!?」


「ん?その薬の出所ですか?それならば連邦科学技術開発部に私の要望を伝えたらたったの一日でその薬を作って送ってくれましたよ?それを開発した研究者曰く、『政府や軍が美少女で溢れる夢の空間を作りたい!!』だそうだ。うむ、実に私の願った通りの薬だ。そうそう。その見返りとして、取り敢えず誰かで実験するつもりだったからな。今回のような事がなくてもどちらにしろ同志トゥハチェフスキーか同志ヤゴーダに試そうとは思っていたぞ!」


私がそこまで一気に捲し立てると、トゥハチェフスキーは大きくため息を吐いた。


「同志スターリン。もう過ぎた事だから良いですよ。ですが、何故今回のような強行に?」


ん?こいつはさっきの私の話を聞いてたのか?


「だからそれはさっきも言ったが、私の周りがおっさんばかりだから、美少女という華がほしいと思ったからこうしたんだぞ。その1号が同志だったと言うだけだ。」


「もう、良いです。それで、私はこれからどうすれば?」


「うむ。それならば心配しなくても大丈夫だ。軍には私が直接出向いて同志のことを説明するし、新しいサイズの制服も用意する。ああ、そうだった、このあと同志とは連邦科学技術開発部に行くからな。この薬を試したあとに来てくれと頼まれていたからな。それは同志にも宜しく頼むぞ。」


「分かりました。それにしても、このような薬を開発するとは・・・・連邦科学技術開発部とはどのような場所なのですか?」


あぁー、あそこねぇ。前に一度行ってみたけどヤバかったなぁ。


「あぁ、そのな、一言で言えば『人外共の巣窟だ』。」








■■■■






────連邦科学技術開発部────それはソ連国内でも一部の人のみが知る秘密の研究施設で、表には出ない研究を主に行っている。


そんな場所に向かっている二つの影があった。それはこのソビエト社会主義共和国連邦共産党書記長のヨシフ・ヴィッサリオノビチ・スターリンと赤軍元帥、美少女と化した赤軍の至宝、ミハイル・トゥハチェフスキーだった。


その美少女二人は今から研究所《人外魔境》に入るところだった。






そうして研究所の入り口たどり着くと一人の女の子が立っていた。


「お待ちしておりました。同志スターリンと、そちらは?」


そう言った彼女は茶髪を肩辺りで切り揃えて眼鏡を掛けて白衣を着ている美少女だった。どことなく研究者気質なのが伝わってくる。


「こっちは同志トゥハチェフスキーだ。で、君は誰なんだ?」


「これは失礼しました。私はメドヴェージェフ・エレーナです。男性の時はアレクセイでしたが、この度私もあの薬を飲みまして女になった次第です。」


「そうか!同志が電話の!!あのときはご苦労だった。よくぞ私の要望に沿った薬をあのような短期間で開発してくれた。」


「お褒めいただきありがとうございます。さて、同志トゥハチェフスキー。例の薬を飲まれた・・・・いえ、飲まされましたね。」


「その通りですよ。同志エレーナ。で、あの薬の正体は何なんですか?」


「ああ、あれですか。あの薬なら正式名称を老化防止薬と言いまして、まあ、その、美少女化と言うよりか性転換は副作用ですね。まあ、そこは老化防止の為の致し方ない犠牲と言うことでお願いします。その分メリットは多いですから。例えば、不老長寿になったり、性転換しますが物凄い美形になったりと・・・・」


改めて聞くと本当に凄まじい薬だ。どうやったらこんな時代にそんなオーバーテクノロジーの塊の薬が出来るんだよ!!しかも、何だよ!性転換が副作用って!?そんな副作用があってたまるか!!


でもまあ、そのお陰で政府美少女化計画が進行できるのだけど・・・・


「それで、そろそろ中に入らせてもらえるか?」


私がそう言うと、エレーナは歯切れ悪くこう返した。


「いえ、その、この中は私以外まともな者が居なくて、ですから、いくら同志スターリンとは言えど襲われますよ(被験者として)。」


は?襲われる(性的な意味で)?


「まさか、冗談はやめてくれ、同志エレーナ。」


「いえ、嘘ではありません。本当に襲われます。(被験者として)」


「そ、そうか。襲われるのか・・・・(性的な意味で)」


「はい。ですから中には入らない方が良いです。」


「そ、そうだな。そうしておこう。ただ、対策として、その研究者達にも同志が開発した薬を飲ましておけ。どうなるか分からんが・・・・性別が変わって落ち着くこともあるだろう。」


「分かりました。そのようにしておきますね。」


このようにして、今回は研究所内に入らずに帰った。





「同志スターリンは美少女です!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く