言葉の欠片

一榮 めぐみ

風のように、空気のように

そこにあるもの。


当たり前にそこにあるのに、目には見えない。


ふと声が聞こえてきて、耳を澄ました。
でも、邪魔ばかりなんだ。


人の声も、自動車の音も、騒々しい。


空気がなければ、音は聞こえないのかもしれない。


そもそも、無かったら、なんてあり得ないんだけど。


僕が聞いた声はあり得ないものだったから、
あり得ない声を聞きたかったから


その声を聞くには、全てが邪魔で全てがうるさい。
そう、空気も風も邪魔だと思った。


ふざけるなよ。


この体はそんなに万能じゃないんだ。


小さな二つの目で見たものを其処にあると認識する。
皮膚で感じる空気の動き、温度、湿度。


匂いも音も、其処にあるというのに。


体と魂、全部で僕なら
僕は、全身全霊で全てを感じよう。


風のように、空気のように、
全てが其処にあると云うのなら。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く