言葉の欠片

一榮 めぐみ

消える魔法

風が強くて髪がみだれる。


大きな木がザワザワと葉を揺らす。


空の青さと緑の葉が
この星の色のように見える。


僕のお気に入りの場所はいつも
このふたつの色で構成されている。


僕は空に向かって手を伸ばす。


風をつかまえるように
空をつかむように


消えた記憶と引き換えに
何を消したかわかるかな。


それは毒。


僕はいつも、毒を浄化するために
見えない魔法を使う。


記憶と引き換えに、毒を消す。


それができるようになるまで
何度も、何度も、
貴女をひとりにしてしまった。


もう、貴女をひとりにはしない。


僕にはこの魔法があるから
生き延びることが出来るから


貴女の記憶から僕が抜け落ちてしまっても
貴女を守り続ける。


長い夢で会いましょう。
いつでも、傍に居ますから。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く