言葉の欠片

一榮 めぐみ

優しい風

優しい風が吹き抜けた
青々とした木の葉を揺すり
伸びた草を擦り


蝶がはらはら飛ぶように
灰が煽られ舞い上がる


猫がじっとこっちを見てる
丁寧に前脚揃え
目を光らせて


髪が靡くと
頬を優しく撫でるように
ふわりと此処で風が止まった


薄い服のあいだを通り抜けていく
少し冷たい空気が


頭の中も空っぽにする


見上げると雲も無い
薄い水色の空が広がる


何も無かった。


そう、何も。


風がまた、木の葉を揺らす。


鳥が鳴いている向こう側の森に
舞い上がった灰が降る


風が吹くと消えていく。


僕の記憶が消えていく。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く