言葉の欠片

一榮 めぐみ

いやなもの

愚痴が嫌い
嫌味が嫌い


それがうるさい
それが邪魔だ


やめてください
聞きたくないです
それを僕に言って
何になるのですか


約束ってなんですか
一方的に約束と言うのは
命令と言うのではないですか


つまらないそんなことを
気にするのならば
自分が言っている言葉と
行動に責任を持ってください


まだ何かを求めるのですか


今日のあなたを
明日のあなたは
都合よく忘れるでしょう


そして
自分は正しいと信じて
また愚痴や意見を
誰かに向けて押し付けるのでしょう


それで何かが変わりますか


それでは過去も今も何も変わらない


言葉では何も変わらない


許すこと
受け入れること
行動すること


あなたは死ぬまで
言葉ですべての望みが叶うと
信じるのですか


少し
変えてみたらいいのに


言葉ではなく、行動を。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く