言葉の欠片

一榮 めぐみ

知らない

僕は何も知らない
何もわからない


でも追いかけられてる。
戦わなくちゃいけない。
ずっとそう思ってた。


でも敵なんていなかった。


風の声を聞いた
人の話を聞いた


空を見た
地を見た
夢を見た


そして、その先にも


何もなかった


幻だけ見ていた。


水飛沫の向こう側の
光の先の
闇の中の。


ねぇ、本当にだいじなものは
目には見えないんだって。


だから不安で
だから落ち着かなくて


僕には何も無かった


夢を見ていただけなんだ


そう思わないと辛すぎるだろ
生きていくことは
辛すぎるだろ



「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く