言葉の欠片

一榮 めぐみ

終わりのはじまり

終わりが始まる
始まって終わる


終わりの先に何があるの


髪を指で梳かしながら
先のことを考えると
少し


少し前に進んだ。


死んだほうがまし
誰か殺して
誰にも気が付かれないように


指で頬をなぞる
随分と温かい涙が邪魔だから


隠そうとしても無理


そんな気力も体力も
使い果たしたところ


さあ、どうする
まだまだ始まりの始まりで


いきなり倒れそうなくらい
フラフラじゃないか


いきなり倒れては
最後まで走れないというのに


なんの意味もない
こんなの


なんの意味もない。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く