言葉の欠片

一榮 めぐみ

傷つけるのは嫌です。

僕は意外と強い。
胸をひと突きにされても、
小さなナイフで切り傷をたくさんつけられても、
あーあ、またやっちゃったって思って


なかなか癒えない傷口を隠すこともなく
平気な顔して歩いてる。


礼儀として、痛いフリする。
相手はそれで満足するから。
やってやった、ってさ。
でも僕には見えてる。
僕につけた傷と同じ傷を、
キミも負っているのに
興奮してわからないでいるんだ。


それはキミの心が落ち着いて、
自分の魂を見つめたときに、
気がつく傷。


だから自分の傷すら見えていない人に
僕は近づかない。


僕のせいで、その人が傷つくのは
申し訳ないから。


僕はフラフラするから、
よくあちこちで傷を作るけど
大丈夫、大丈夫…


僕は意外と強いんだ。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く