言葉の欠片

一榮 めぐみ

意味

生きる意味を失いかけてる


この星でこの場所でこの体で


生きる意味を失いかけてる


背負うものも責任も全てが


足枷か手錠のように自由を奪う


真実は残酷だ


ねぇ、君たちはなんのために生きてるの?


僕の体は元気な筈だけど


魂と体がズレてきてる気がする


ねぇ・・・救いは無いの?


好きだったのに


ヒトも動物も虫も木も風も太陽も


大好きだったのに


わかってる・・・いただこう


愛してあげる


全て、全て。


楽にしてあげようね。


生きてる意味がわからないんだ。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く