言葉の欠片

一榮 めぐみ

すべて消して

あなたが死んだら
お金も体も持っていけないね
あんなに一生懸命に描いた絵も
あんなに時間をかけた文書も
あんなに集めたコレクションも


必死に働いて手に入れた家もクルマも
あんなに愛した人も
あんなに可愛がった子供も孫も


なんにもなくなるね。


それなのに何故、頑張るの
何故、あきらめないの


もう、頑張らなくていいんだよ
我慢しなくていいんだよ


そんなものよりも、
その体が脈打つことを止めたあとも
残るものを大切にしたほうがいいよ


まだわからないのなら消してあげる
余計なもの、邪魔なもの
全て全て消してあげる


あなたはまだ繰り返すつもりなの


チートでもゲームはクリア出来るんだよ

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く