言葉の欠片

一榮 めぐみ

スズランの妖精さんへ

誕生日おめでとう


Happy birthday


誕生日はね


お母さんが忘れてしまう程の痛みに耐えて
あなた自身が生まれるための苦しみに耐えて
生まれてきたの


誰もがお母さんから生まれてきた


血と肉を
栄養素と毒素と遺伝子を受け継いで


生まれてきた。


もっともっと前に
あなたは何処にいたのかな。


誰かと愛を誓ったの?
生まれ変わっても愛し合おうと誓ったの?


ニンゲンは忘れてしまう
この星ではそういうことになってるけれど
魂に刻んだ記憶は消えない。


その魂はあなたのもの
その体もあなたのもの


何故生まれてきたのかを思い出す前に
死んでしまう人もいるし


死を恐れて生きることだけに執着する人もいるけれど


誰もが、生まれ、死ぬ。


この星での一生はとても短いから
目的のために何回も生まれ、死んでるかもしれない。


ただ、わたしは、


あなたが生まれてきてくれたことに
とても感謝してる


ありがとう。


長い長い時間の中ですれ違い、出会えて良かった。
生まれてきてくれてありがとう。


あなたのお母さんと、あなたに


あなたの誕生日に


お祝いを送ります。


Happy birthday


愛しい人。





「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く