言葉の欠片

一榮 めぐみ

魔法

彼の魔法が好き
彼の声が好き
彼の生き方が好き
彼の魂が好き


でもあたしは何もできない
触れることも、抱きしめることも。


でもあたしは、傍にいる。
一緒に歌うの
愛を語るの


此処には
夢も希望もない
光も闇もない
色もカタチもない


彼が教えてくれた歌を
彼が教えてくれた世界を


あたしは歌う


もう二度と
同じことを繰り返したりしない


もう二度と
間違えたりしない


あたしが消えても歌が残る
あたしが消えても愛は残る


冷たくて黒いあの海に
沈んでしまっても


だから一緒に眠るの


此処に居てくれるから


全てが贋物でも
あたしは平気

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く