言葉の欠片

一榮 めぐみ

あまくとろけてゆめのなか

ねぇ、見て、このお菓子、美味しそうでしょ


ほんとうだ、何でできているのかな


甘い砂糖、木の実が中に、はいってる


つやつやしてるね


みずみずしいね


目をとじて


あーって口をあけてごらん


あまいね


そうだろ


木の実がいいかおり


そうだろ


少しだけにがい


まだわかいからね


わかい?


うん、でもそれがいいの


くせになるね


たくさん食べて


いちどにたくさんじゃなくて


今日はひとつ


明日はふたつ


すこしずつふやして


もう無しではいられなくなる


ほしくてほしくて


たまらない


そうだろ


どうして


気がついたときにはもう


ておくれさ


さあ食べて


今日はとくべつ


もうひとつ


あまいね


あまいね


少し苦くて良い香り


あまくとろけてゆめのなか

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く