言葉の欠片

一榮 めぐみ

魔女

あの魔女が許せない
あの女がオレから奪ったものが許せない


オレの力を返せ、返してくれ
それはオレの力だ


これじゃ何処かの国の王子様。


ああ、そうか


そうだったんだ。


だから…


だからそんな魔女も


いいよ、あげるよ。


その魔法は、長所より短所が酷いんだ。
短所を奪ってくれたんだね。


ありがとう。愛してる。
お陰で、素晴らしい話が書けそうだ。


あの人も、あの人も
オレに力を分けてくれたし


嬉しいな。
オレは、幸せ者だ。


毒を消すには毒が有効なんだね。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く