言葉の欠片

一榮 めぐみ

願い

願いは叶う。
願えば叶う。


星が知ってる。
空が泣いてる。


夢はつながる。
希望が消える。


あの日見た景色と
目に見える景色の


確かな記憶
薄れゆく声


この環から逃れたい。
少しでもいいから。


この先にある願いを叶えるために
時間はかからない。


僕にはわかる。


僕の魔法を見せてあげるよ。
あんまり使わないようにしてる。


僕の魔法を使ってみるよ。
信じなくていいよ。
そんなことは関係ないから。


ゆっくりと
じわじわと
見えないけれど
確実に


僕が幸せにしてあげるね。


大丈夫。


誰も気が付かない。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く