言葉の欠片

一榮 めぐみ

透明な風

ゆっくりと立ち上がり、
珈琲を淹れて
煙草に火をつける。


春の光。
冷たい風。


窓を開けると、
灰が風に煽られる。


風が、さらっていく。
風が、消してしまう。


昨夜、雨の音が聞こえて
ざぁざぁと地面を濡らす音が聞こえて


何故か安心して眠った。


包まれているような心地よさに


深く、深く


朝の光に目を覚ませば
身体を探して、慌てることもなく
優しく


眠りにつくのも、目を覚ますのも
不安では無くなった。


ここにあるものに
依存してはいけないと思いながらも
すっかりもう・・・。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く