言葉の欠片

一榮 めぐみ

囁き

あなたを愛してもいいですか。
愛したいです。
いつでも
どこでも
離れることなく
ずっとずっと
愛していいですか。


その首筋に触れてもいいですか。
キスしてもいいですか。
抱きしめていいですか。


愛したいです。


邪魔なときは少し離れます。
眠るときには
安心するように
頭を撫でてあげます。


目覚めたときも、
頭を撫でて
優しくキスします。


一緒に出かけようか。


綺麗な景色を見よう。
あの坂の
木のトンネルが好きなんだ。


そこに行くと、キミを抱きしめたくなる


これは、愛ですか。
愛に違いありませんか。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く