言葉の欠片

一榮 めぐみ

二人

ぞわぞわぞわぞわするんです。


どうせ、間違いだらけなんだから
間違っててもいいから受け入れたくて
もう絶対離さないって思ってるけど


やっぱり、間違いでしょうか。


大抵のことには三日で慣れるので、
明日には慣れると思うんです。


こんなに楽しくて嬉しいのは久しぶりです


堕ちるところまで一緒に堕ちてみよう


なんて言ったら、キミは怒るのかな。


200字まであと少し。


言葉も音も、
温度も痛みも苦しみも憎しみも恨みも愛も
何も見えませんね


まぁ、いいや。


そんなことよりも、いいことがあるんだ。


叶わない夢を叶えようか
二人なら何が叶うのだろう

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く