言葉の欠片

一榮 めぐみ

白く霧のかかった山が見えて
空は一面、雲に覆われていて
風が少し冷たくて


走る自転車、自動車、


ざわめく木


遠くなる記憶、夢。


綺麗な言葉を並べるのは好きじゃない。
残酷な言葉を並べるのも好きじゃない。


どんな言葉も、誰かに刺さる。


僕に刺さった釘は抜けたかな。


頭に刺さったあの釘は、一緒に抜いてくれたのに
まだ刺さってるみたいに時々、疼く。


左脚に刺さった釘は、抜けたみたいだ。
もう、大丈夫だよ、ありがとう。


僕は、僕の力を魔女に奪われた。
あの人は、僕から力を奪った。


あの空間、
あの時間、
恐ろしい、
あの一帯は、
魔女の魔法陣の中にある。


どうしたら、あの魔女から奪われた、力を取り戻せるんだろう。


魔女に勝つには何が必要?


それは僕の力だ。


おまえのお金儲けになんて使わせないんだから!


返せ、返してくれ!!


僕が欲しいのはお金じゃない!!!

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く