言葉の欠片

一榮 めぐみ

水の上

夢の中


水の上


スケート場みたいに滑って


あの子を捕まえて


頬にキスした。


あの子の目は虚ろで


じっと遠くを見つめてた。


僕の方なんか見向きもしなくて


ただ、


水の上に佇んでいた。


僕は後ろから抱きしめて


そんな顔しないでって


心の中でつぶやいた。


それでも知らんぷりするから


僕は水の上を


するすると滑って


あの子が僕に気がついてくれるまで


周囲の濁った山の緑を眺めて


色のない空を眺めて


黒い波打つ水の上を


沈まないように


待ってるよ。


傍らでいつまでも。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く