言葉の欠片

一榮 めぐみ

きらきらひかるもの

僕は感じる能力が高いから


ふとした言葉に、音に、声に
温度とか、感情とか、
見えないものを感じてしまう。


あああ、疲れた。


精神的に疲弊しきった後に
体力を奪うようなことばかりしてて
本当にクタクタなんだ。


僕は、誰だっけ・・・


僕はなにをしていたんだっけ・・・


忘れてしまったなぁ。


宝石はもちろん、道端の石ころでさえ
遠い遠い昔からゆっくりと時間をかけて
出来上がったものなんだ。


石ころから見てみれば、僕らの一生なんて
瞬きするより短い時間なのかもしれない。


小さな石にも命がある。


僕はそんなことも知らなかった。


少しの間、僕を守ってね。
僕と一緒に、しばらくいて欲しいんだ。


きらきらひかる、僕の石。


それにしても、疲れたよ。
もう少し、ゆっくりしよう。


僕の一生のうちの、ほんの少し
ほんの少しだけ、ゆっくりと過ごすんだ。


春だからね、
植物たちが頑張ってるから
きらきらしているから


僕は休憩しててもいいよね。



「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く