言葉の欠片

一榮 めぐみ

Ich bin...

消してくれたんだね


わかるよ。


心のもやもやが、感じられないんだ。


僕の言葉が、繋げられるようになるまで


あともう少しだ。


でも、ここからが大切。


光の渦には道がないからね、


行き先を間違えないようにしないと。


うるさいし、何も見えないし、


僕の仲間は見つからないな。


それでもいい。


僕は僕の使命を、果たさないとね


遠くで待ってるんだ。


それが、よく分かったよ。


ね、キミはどんな歌が好き?


どんな言葉が好き?


何を見て、何を感じてるの?


僕の声は聞こえる?


僕は、


僕は・・・


ここにいるよ。


もうキミを困らせないようにするからさ


僕がうまくいくように、


そっちで、


ちゃんと見ててよね。

「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く