言葉の欠片

一榮 めぐみ

消えればいいのに

僕が言葉を繋ごうとしても全部消えてく。


きっと、僕は失ってしまった
意味も、使命も


疲れすぎた
余計なことまで考えすぎた


Warst du das?


僕は追われてる。
いつも、いつも、追いかけられてる。
やらなくちゃいけないこと
やるべきこと
やりたいこと


面倒だ、何もかも。


Bist du glücklich?


そんなの知らない。
知らないよ、そんなこと。


Leiden Sie?


うるさいよ、うるさい。


黙れ。


もう、何も聞きたくない。


もう、何も望まない。


もう、何も願わない。


希望なんて、最初から無かったんだ。


星は遠い


月は冷たい


僕は太陽だ。



「言葉の欠片」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く