現実世界にダンジョンが発生した?!ボッチと駄女神が現実世界で暴れまわる!

茶釜たぬき

せ、戦略的撤退ーー

俺はしばらく磁力操作とブライカッターのコンボ
で敵を倒しながら洞窟を進んでいた。
変わったことといえば道中薬草が生えてたぐらいだ。


やはり並列思考と高速思考をとったおかげで
今では砂鉄を刃物や槍など様々な形状に
変えることができるようになった。


レベルも更に一つ上がったので錬金術をとった。
ポーションが作れるようになるのも一つ理由だが
他にもゴーレムなど様々なことができるように
なるからだ。


そんなことを考えていると目の前に巨大な扉が
あった。
ーーーこれはひょっとしてボス部屋じゃないだろうか?
少し中をチラ見してみる


「お邪魔しまーす」
ギロッ


「…お邪魔しましたー」


何あれヤバイ。いかついムキムキのゴブリンがいた。
あんなん倒せる気がしないわ。
とりあえず今日はもう帰るか






帰る途中何体かのゴブリンと薬草があったが
何も問題はなかった。


「ただいまー」


「あ、おかえりー」


どうやらテミスはニュースを見ていたようだ。


「なんかニュースあったか?」


「それがね、国が対ダンジョンの組織を作って
一般人を募集してたの。あとは、ネットで
本当に魔法使えたって騒いでたわ」


なるほどついに国も本腰を入れたわけか。それに
ネットですんなに話題になってるなら
おそらく一般人がダンジョンに入ろうとするだろう。
これから国は大変だな。


「あっ、ところでこの綺麗な石モンスター倒したら出たんだけど何か分かるか?」


「それは、魔石ね。使うと魔力が回復するし
錬金術師ならいろんなことに使えるわね」


「へー」
やっぱり錬金術とっといて正解だな。
ただ問題があるとしたらいろいろできるが
レシピがないから全部自分でやらないといけないんだよな。


なら今日の残りは錬金術をやるか



「現実世界にダンジョンが発生した?!ボッチと駄女神が現実世界で暴れまわる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く